PWロゴ.gif
スポットインジェクション箱.gif

安定型徐放性ハイドロキノン

に加えて、

シムホワイト&レチノール誘導体配合

スポット3成分.gif
ピンポイント.gif

セルケアPWプレミアム スポットインジェクション

【スポット美容液】

2g×5本 

​定価 ¥9,000 [税込価格¥9,900]

セルケアPW プレミアム 

スポットインジェクション

使用上の注意点

Precautions for Use

Shadow on Concrete Wall

日頃から日焼けが肌に良くないことはもちろんですが、紫外線に反応しやすい成分が含まれるので、紫外線対策はしっかりする事が必要。

夜のみの使用。(朝昼に使用する場合は、日焼け止めのまめな塗り直しが必要)

使用開始前にパッチテストを行う場合は、夜に少量を上腕の内側へ塗布し、30分後に塗布部位に変化がないか確認し、異常がなければ、その後1日ないし2日程度、様子を観察してもらってください。

通常、肌のターンオーバーは28日が周期と言われています。レチノイド反応が見られない場合、効果を確認するために最低でも2ヵ月以上は使用を続けることが望ましい。

スポットインジェクションを使用する際は、保湿もしっかり。

開封後は2週間程度での使い切りが理想。

ハイドロキノン.gif

安定型徐放性ハイドロキノン(SHQ-1)とは

 

皮膚科医が処方するほど美白効果が高いハイドロキノンですが、 酸化して効果が落ちてしまう上に、肌への刺激が強く、処方が困難な成分でした。

これらを改善すべく最先端の薬学研究により開発された美白成分が『安定型徐放性ハイドロキノン』です。

 

ナノテクノロジーにより、刺激性・安全性を劇的に改善したこのハイドロキノンは誘導体成分(CKC)によりハイドロキノンを安定させ ます。

また、ハイドロキノンと誘導体成分をカプセル化することで、酸化を防ぎながら肌に浸透・作用していきます。

カプセル.gif

安定型徐放性ハイドロキノン(SHQ-1)の優位性

fig2_about.gif

SHQ-1の低刺激の優位性

fig3_about.gif
fig4_about.gif

公益社団法人 日本皮膚科学会発行 「ハイドロキノン含有新規美白剤開発とその安全性・有効性の検討(臨床比較)」 より

シムホワイト.gif

SymWhite377(フェニルエチルレゾルシノール)は、ヨーロッパアカマツに含有される美白ポリフェノール成分Pinosylvian(ピノシルビン)をヒントに開発、合成された成分。

Pinosylvianとコウジ酸のチロシナーゼ活性阻害効果が同等。SymWhite377は約22倍。

ハイドロキノンやアルブチンと比較すると、数千倍から数万倍の効果。

《表皮モデルを用いたメラニン産生抑制試験結果(19日間毎日テスト試料を塗布)》

 SymWhite®377は、コウジ酸より10倍以上のメラニン産生抑制効果を有します。

cos_symwhite_img02.jpg
レチノール.gif

パルミチン酸レチノール(安定型ビタミンA誘導体)

ヒトの生体内ではビタミンAはほとんどこの形で貯蔵されている。

細胞の成長や分化に働きかけるのはレチノイン酸の形であり、必要に応じてパルミチン酸レチノールなどから変換されます。レチノールには、ターンオーバーを促進する効果が期待できます。